1. TOP
  2. メンタル不全者が活躍するために

メンタル不全者が活躍するために

メンタル不全者が会社で活躍するためには「コツ」があります。

メンタル不全と一括りに言っても症状が違います。うつ病の人は極端に活動量が少なくなってしまいますし、パニック障害の人は特定の場所や場面が苦手です。強迫性障害の人は確認作業や儀式がエンドレスに続いてしまわないような対応が必要です。

10年前まで企業はメンタル不全者を排除してきました。

「うちの会社にはそういう人はいません」とは言っていられない時代になりました。

メンタル不全者やメンタル不全経験者にどのようにして活躍してもらうかは非常に重要なテーマだと言えます。

「コツ」は診断名で振り分けること

うつ病の人に向いている仕事とパニック障害の人に向いている仕事は同じではありませんし、対策も異なりますであれば、比較的近い対策で対応できる「同じ診断名」の人を集めてしまうのは「コツ」と言えます。家族にその診断名の人がいる人(親など)をピアカウンセラーとして雇用することでより安定させることもできます。

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

ピアカウンセラー養成講座の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピアカウンセラー養成講座の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

ピアカウンセラー養成講座

この人が書いた記事

  • NO IMAGE

    メンタル不全者が活躍するために

  • scream and shout

    悪いところ探しでは会社が良くならない理由

  • Important Message

    大事にされていないと感じる会社の制度

  • Police

    パワハラ、セクハラとメンタルヘルスケア

関連記事

  • NO IMAGE

    うつ病で目が死んでいるのに会社に行く辛さ

  • Sad

    休日出勤の強要や罵声に生きる価値を見失う

  • NO IMAGE

    パニック障害を理解されない

  • NO IMAGE

    会社にうつ病を伝えていたことが幸い

  • NO IMAGE

    会社や人は怖い。動けない。働けない。自信がない。

  • NO IMAGE

    うつ病による休職者が1名に