1. TOP
  2. そもそもカウンセリングって何?~メンタルヘルスケアの疑問~

そもそもカウンセリングって何?~メンタルヘルスケアの疑問~

Clinic Counselling Session

カウンセリングは誰のためのもの?

ようやく春の兆しが見えてくるかなと言う時期の2月ですが、今くらいが一番寒さが厳しいですね。寒波で鳥取砂丘が雪景色になっているのを見ると、あと二ヶ月もしないうちに桜が咲くとはとても思えないこの頃です。
寒い日が続くと朝起きるのが億劫になったりして、どこか憂鬱な日が続くものです。ただでさえ、寒くて憂鬱なのに、ちょっとした仕事の悩みは家族の問題がジワジワ積み重なってきて悩みがたまっていきます。悩み相談と言うほどでもなく、どこか自分の気持が整理できていなくてモヤモヤしているときはありませんか?仕事で我慢はできるほどなんだけどなんかモチベーションがあがらなかったり、家族の問題でちょっとどうしようかと考えている。はたまた、自分の転機についてどういう風な決断をしたらよいのかなどちょっとしたモヤモヤというのはつきものです。
実はカウンセリングというのはそんなちょっとしたモヤモヤを晴らすために使えるのです。

カウンセリングのイメージ

日本ではカウンセリングというと結構深刻な悩みを相談する、メンタルヘルス系の病気の人がするものちうイメージがあります。確かにそれはあっています。しかし、欧米ではカウンセリングというのはもっと気さくに行われています。というのは、自分のことをよく話しているイメージのある欧米の人ですら、自分が本当にどうしたいのかというのは自分でもわかっていないことがあります。そんなとき、信頼しているマイ・カウンセラーやマイセラピストに相談して自分の気持ちはいったいどこに向かっているのかを確認するのです。だからこそ、欧米の人は自分のやりたいことに正直に見えるのかもしれませんね。

カウンセリングの効果

そんな風に自分のちょっとしたモヤモヤをすっきりさせるための思考整理ツールとして働くのがカウンセリングなのです。最近、日本でも取り入れられつつあるコーチングというのもカウンセリングをより課題解決やモチベーション向上にフォーカスしたものです。欧米では、どんなコーチをつけているかでその人の優秀さを図るなんていうことも起きています。おそらく、その波がちょっとずつ日本にも浸透してきていて、やる気の出ない社員にコーチをつけて頑張ってもらうというのが日本流のカウンセリングの取り入れ方とも言えるでしょう。

目的はスッキリさせること

カウンセリングを受けるという言い方だと若干のマイナス印象を受けますが、コーチを受けているというと意識の高い優秀な人に見えます。コーチングで行われいていることもカウンセリングで行われていることも同じ部分のものはたくさんあります。しかし、その目的はモヤモヤをスッキリさせることにあります。カウンセラーは悩みによりそってアドバイスはしないとは言われていますが、きっと私達がほしいのは寄り添ってほしい気持ち半分、答えが欲しい気持ち半分だと思います。仕事をしていると結局どういう結果が出るかということに気持ちが向きがちなので、答えが欲しい人がほとんどかもしれません。

答えはあなたの中にあるかも

そのあなたが欲しがっている答えというのは、もしかしたらあなたの中にあるかもしれません。それをカウンセリングしながら引き出していくのがカウンセリングの役割の一つです。カウンセリング≒療法というイメージが先行しているため、病気でもない人が受けるものという印象を受けがちですが、実際はそういう側面だけでなく、このように答えを導いたり、気づかせてくれる一面もあります。

会社の中にカウンセラーを入れる意味

メンタルヘルスケアの一環でカウンセラーを入れることが推奨されています。そうするとどうしても、病気がちの人のためのものというイメージになって普通の社員は寄り付きづらいものです。もし、そういうイメージを払拭して30分話して悩みをスッキリさせて、明日からの仕事を楽しくできるようになるツールという位置づけに出来ればカウンセラーはメンタルヘルスケアだけでなく、モチベーション管理や売上向上につながることにもなります。
春になると色んな人が出入りしてストレスがたまりやすい季節にもなるので、一度試しで導入してみるには良い季節なのではないでしょうか?

\ SNSでシェアしよう! /

ピアカウンセラー養成講座の注目記事を受け取ろう

Clinic Counselling Session

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピアカウンセラー養成講座の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
ピアカウンセラー特別講習会

うつ病・パニック障害の人の本音がわかる


当事者の声を中心に構成されているので、見るだけで「うつ病」「パニック障害」「強迫性障害」「休職者」の気持ち、対応する時の感覚がつかめます。

bnr_950x150_02

ライター紹介

ピアカウンセラー養成講座

この人が書いた記事

  • NO IMAGE

    メンタル不全者が活躍するために

  • scream and shout

    悪いところ探しでは会社が良くならない理由

  • Important Message

    大事にされていないと感じる会社の制度

  • Police

    パワハラ、セクハラとメンタルヘルスケア

関連記事

  • Specialists

    メンタルヘルス対策をしたほうがいいワケ

  • time

    残業時間とメンタルヘルス

  • Blue Loops

    明日は我が身かも。上司のうつが増加中

  • Heart

    うつ病の人との接し方といい施設の見分け方

  • Graphic Recording "Digital Backyards"

    メンタルヘルスケアでも使えるグラフィックファシリテーション

  • Peer

    あなたの会社にもいるかもしれないメンタルヘルスケアの専門家